top of page
  • Jun

なぜコロぶ⁉︎

たまにいらっしゃる


「私よくコロぶんです」


という方。


今の年齢でそのままでは

5年後10年後不安じゃないですか?


何か予期せぬものに

つまずくならまだしも

酔っ払ってるならまだしも


何にもないのに転んでしまう。


まだ大した怪我をしていないなら

今のうちに

「転ばないカラダつくり」

「転んでも怪我をしないカラダつくり」

を一緒にやりませんか?


転んでしまういちばんの原因は

自分のイメージ通りに

カラダを動かせていないから。


ヒトは無意識だとしても

目で捉えた情報から

「ここに足を出そう!」

の繰り返しで

歩いたり走ったりしています。


階段もそう。

何センチあるからとか

いちいち測らないですよね?


目で見てこのくらいの高さなら

これくらい足を挙げようと

登っていきます。


極々当たり前のことに

聞こえるかもしれないですが

その極々当たり前の感覚に

ズレが出てきてころぶんです。


ズレが出てきても

すぐには気づかないものです。


あなたもそうな様に

1度転んだらつまずいたくらいじゃ

真剣には考えないですからね。


徐々に徐々にその

ズレが大きくなってきます。


その進行を止める

元に戻すには

意識してカラダを動かすしかないのです。


残念ながらそれしかないのです。

バリアフリーにして

段差をなくしても

そのズレを止めることには

全くなりませんからね!


今のうちにかもしれないですよ!



閲覧数:2回0件のコメント

最新記事

すべて表示
bottom of page